岐阜県スキー連盟の技術研究会のデモレッスンで学んだ スキーの低速の滑りから高速の滑りに波及する要素


スキー狂のみなさん

スキーの級別テスト(バッジテスト)やプライズテストの合格に向けて
取り組んでいるスキー狂のみなさん
岐阜県スキー連盟の技術研究会で 石水デモ と 蓑島デモ の
スペシャルデモレッスンをを受講した内容を
普段の滑りに展開するために自論を展開します。




技術研究会

岐阜県スキー連盟の技術研究会は
東海北陸ブロックの研修会の後に設定されていて、
この内容をもとに技術的な研究を行っていくのと、
岐阜県連の県の技術員に対して研修の内容を伝達する
研修となります。

このとき、岐阜県にはデモが二人
石水デモ と 蓑島デモ がいるので
技術員にもデモ二人がレッスンを行っていただける
というものです。

ここで研修した内容は次に指導員研修会で
準指導員、指導員に伝達しなければならないため、
研修の内容はオフシャルブック記載の
内容が中心に行われました。

展開する技術

スペシャルデモレッスン的な技術研究会では
プルークファーレン・プルークボーゲン・シュテムターン
横滑りなど基本的な滑りが中心なのですが、
スキーで滑るための基本であり
普段の小回り、大回りに展開できる
技術について以下に示します。

1.低速と高速の操作の違い

2.一気に抜かない

3.曲げ荷重

以上の項目で展開します。




1.低速と高速の操作の違い

低速と高速の操作の違いですが、
低速と高速で操作を替える必要があるの??
なんて考えてしまいますが、、
以下に展開します。。

日常的に滑っている高速系の滑りを先に展開してみます。。

高速系の場合はスキーで滑っていると
スキーヤーが がんばって 動いて、力を出す 内力と
重力、遠心力、推進力 の外力 が掛かってきます。

体の動きとしては これに対抗するための体勢を
つくり、これに対抗する内力を使い、
外力に対抗、利用して滑ります。

低速で滑る場合は、
大きな外力がないため、内力を多めにつかってやることで
ターンや制動ができると思います。

低速種目は高速で滑れないスキーヤーが
上達の過程で滑る滑り方なので、
バランスがとりやすいプルークのような開脚で
シュテムのような踏み替えを使って滑ります。




制動では軸を作りエッジをたてるような器用なことは
できないので、プルークの開脚の度合いを広げたり、
雪面を脚力で押しずらすような動きが必要になります。

スキーヤーが力を受けるというより、こちらからある程度
力を発揮して、板が動いてくるのを待つ滑り方となります。

んー。。自分のイメージを上手く人に伝えるのは難しい。。
なんとなく分かってもらえたでしょうか。。。

2.一気に抜かない

一気に抜かない・・ですが、、
これはイメージしやすい。。

プルークファーレンで制動するときには
脚で板全体を押し広げて行きます。

スピードをゆっくりにするときには押し出していくのですが、
スピードを早くするときには押し出しているのを やめる ・・・
押し出している 脚を 引き戻す。。。。

・・・と、言葉ではこんな感じなのですが
実際の力の掛け方を表現してみると
押し出していくのを やめる、脚を 引き戻す
というと、押し出しているときの使っている力を 10 とすると
やめる は 0
引き戻す は -3
と・・こんな感じでイメージしてしまいませんか。

正しいイメージは 押し出しているときの 10 にたいして
徐々に力を弱めていく 9・8・7・・・・・5 のように
最後は スピードを維持する状態で 5 くらいでしょうか。
このように 押し出しているときの力 から弱めていき
板の幅が狭くなるのを待つ。。

これによりリスクが少なく滑ることができると思います。
いきなり力を抜いてしまうと今度はスピードが出すぎたり、
雪面コンタクトがなくなったり します。

この力のかけ方の考え方は高速でも
活用する必要があると思います。




3.曲げ荷重

曲げ荷重ですが、、
低速で滑るときにはスキーヤーが力をつかって
ターンする要素が多くなるため
曲げ荷重になると思います。

高速では外力に対抗、対応するために
軸をつくり力を発揮する伸ばし荷重に
なると思います。

この曲げ荷重は高速のときも
使えるな・・と感じました。

高速のときに脚を曲げているのは
伸ばし荷重  曲げ切り替え なので
切り替えのときとなりますが、

この切り替えのときに 曲げ荷重 を使う!!!
切り替えは板に対して力をゼロにするというより、
かけているエッジをリセットする
プロセスだと思う。

切り替え周辺で 曲げ切り替えによる制動ができると
操作の幅が広がると感じました。。。
この理論はまだ机上なので。

雪上で試してみます。。。




まとめ

スキーの滑り方で、高速用・低速用というカテゴリーは
ないと思います。

低速種目での滑り方は高速で滑るための基本も凄く詰まっている
と思います。

検定種目を上手く滑れないと感じたときは
低速種目に戻って体の動きをひとつひとつ確認して
修正することが合格への近道となることもあると思います。

低速種目はスキーを初めたばかりのスキーヤーがこれから
スキーをやっていくための基本を学ぶための滑り方であり
滑るための基本が多く含まれるのは当然といえば、、、ですよね。。

毎年、シーズン初めのころは低速種目を整理して
シーズンに入っていくので、今回のように改めて低速をやって
高速の滑りに影響がでることも少なくないです。

私も修正箇所があるので、、トップシーズンまでに修正です。。。
はぁ~。。。がんばろ。

私の投稿はフェイスブック:Facebook からもアクセスできます。
今回の投稿で気に入っていただければフェイスブックでの いいね や フォロー ・・シェア
も大歓迎です。。。。
念のため以下です。↓
https://www.facebook.com/Gakuro23/

Twitter でも Gakuro Monologue で投稿しています。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スキーランキング