岐阜県スキー連盟の技術研究会でデモレッスンで学んだ シュテムターン プルーク系・横滑りの全ての要素を活用して滑る


スキーの狂のみなさん

スキーの級別テスト(バッジテスト)やプライズテストの合格に向け
取り組んでるスキー狂のみなさん
岐阜県スキー連盟の技術研究会において
石水デモ と 簑島デモ のデモレッスンを受講して学んだ
シュテムターンについて自論を展開します。

2人のデモのシュテムターン・・かっこいい。。



シュテムターン

シュテムターンですが、、
シュテムターンとはシュテムをしてきっかけを作り
ターンをします。

シュテムすることで、悪雪や急斜面で
切っ掛けを作ることができるので上級者でも使用する技術です。

シュテムとは谷間輪で山側の足を開きだす操作をいいます。

谷回りで開きだしてプルークスタンスをつくると
ターンを開始するための迎え角が開きだしたと同時にできているので
そのままターンに入ることができます。

開きだした山側の外脚に乗りこんでいき、
外脚に板を寄せてパラレルスタンスとして山回りします。

初級者のパラレルターンができないスキーヤーに対して
パラレルターンを誘導する滑り方とした指導で用います。

シュテムターンのデモから学んだ重要なポイントを
以下に示します。

1.引き寄せのタイミング

2.レベルに合わせた滑り方

3.横滑りと一緒

4.開きだし時の注意点

以上の項目で展開します。



1.引き寄せのタイミング

引き寄せのタイミングですが、
シュテムターンは開きだして、引き寄せて
パラレルスタンスで谷回り。。なのですが。。。

初めてシュテムターンを教えたスキーヤーが
開いて、引き寄せてターンのように、、トントンとリズムよく
滑ることは難しく、
最初は開きだして、ターン開始して、
板がフォールラインを向いたころ、
またはその直後に板を寄せるというような
滑り方となると思います。

このような滑り方は
級別テストでは3級レベルの滑りとなります。

級別テスト2級では検定種目でプルークボーゲンが
設定されていますが、このレベルでは

開きだして、ターン開始して板がフォールラインを
向くまでに板が揃えられているレベルだと思います。

更に、、、指導員系の検定でも検定種目として
設定されていますが、このレベルでは

開きだして、ターン開始の前または その直後には外脚に引き寄せる。
3級に比べると谷回り段階で板がパラレルスタンとなるように
かなり早い段階での引き寄せとなります。

そして、、、開きだし と 引き寄せるときの
脚は級別テスト2級までは板を雪面に雪接させたスライド
で問題ありません。指導員系では板をリフトさせて
行うのがよいと思います。

2.レベルに合わせた滑り方

レベルに合わせた滑り方ですが、
既に引き寄せのタイミングでもレベルに合わせた
滑り方の違いを語っていますが、、

引き寄せのタイミング・開きだし・引き寄せ方だけでなく

それ以外にも違いはあります。



パラレル導入のための切っ掛けとなる
指導で使われるように、、
パラレルができないレベルのスキーヤー
を想定した滑り方となるため、、、
板を上手に縦方向に使ったり、器用に回旋を使う
滑り方ができません。

このため、開きだして ターンが開始され・・・
その後 曲げる操作は行わないこと。。

くるっと 曲げてしまわないこと。。

曲がってくるまで待ち続けること。
・・ということは曲がるまでずらし続けることとなるので
落差が大きくなります。

もうひとつ。。上級者であれば板を縦方向に滑らして、
エッジを上手に使って滑っていくのですが、
シュテムターンの場合は板を縦方向に使っていくと
ずれないで滑っていってしまいます。

シュテムターンを活用するスキーヤーは
板をすいすい縦に使うことができません。

ずれっずれっで・・板の縦方向にすいすい滑るのはNGです。



3.横滑りと一緒

横滑りと一緒ですが。。。
体勢からみても山回りで板が揃ってずらしていく
場面では横滑りと同じということが
観てわかると思います。

それ以外の部分でも 同じような板の使い方をしていきます。

板を開きだして、ターンが開始されます。

この時の外脚への乗りこんで圧のかけ方は 横滑り というか
プルークボーゲンの外脚と同じ圧のかけ方となります。

板を外方向に押し出しながら制動をかけていきます。

先の項目でも言いましたが、
プルークボーゲンでは回旋を上手く使って・・というようなことはなく
板が回ってくるまで待つというところも同じと考えてよいと思います。

徐々に洗練されてくると制動要素が減り
板の縦方向に滑って良く要素が増えてくることも同じです。

でも。。回ってくるまで待つ。。



4.開きだし時の注意点

開きだし時の注意点ですが、
開きだしたときの上体の左右の位置は
左右の板の中心となります。

これが山側にずれていると
片側の脚に偏って立っていることとなります。

開きだしたときは、
ターン全体の中で一番高い位置となります。
ですが、上体を起こしてしまわないように。。

そして、更に後傾とならないように。

この時点で後傾となると板全体を押し出すことができなく
なる恐れがあります。

開きだしたときが状態として一番高い位置にあるのは、
踏み込んで行ったときには、
曲げ荷重であり足が若干曲がっていくと共に、
脚を更に外側に押し出して行くので開きだしの時点からは
低くなると思います。

あと、、これは開きだしだけではないのですが、
肩のラインは雪面と常に平行となります。



まとめ

プルークファーレン からの プルークボーゲン
そして 横滑り さらにはこれらを活用した シュテムターン

本をただせば 板の踏み方、押し出し方は プルークファーレン と同じ。

ターンとしての 体の向き や ターンのずれかた などは
プルークボーゲンと 同じ。。。

はぁ~今回の技術研究会での石水デモ と 簑島デモ のレッスンは
ストーリー性もあり納得のいくレッスンでした。

石水デモ と 簑島デモ は簡単にすーっと滑っていくのですが、、
できない。。。

しかも、、プルークファーレン や プルークボーゲンが・・・・。

基本ができない状態で上級者風で語って恥ずかしい感じです。。。

上には上が、、、さらには小回り、大回り の技術の向上に向けて
取り組んでいるなかで、取りこぼしがある基本が沢山あることに気付きました。

基本の動きのプロセスを理解し小回り、大回りの
滑りに活かし上達できればと考えています。

これらの基本をどう活用できるかも今後考えて試して
みたいと思います。

できないことは謙虚に受け止めて、、、
できない今に修正する。
今修正しないと何も変わらない。。。

本格的に雪が降るまでに基本から練習開始です!!!

関連した投稿を以下に示します。お時間があれば参考にしてください。

スキー検定合格シリーズ 「シュテムターン」 指導系受験者・2級受験者必見!これで合格重要な5つの項目

私の投稿はフェイスブック:Facebook からもアクセスできます。
念のため以下です。↓
https://www.facebook.com/Gakuro23/

Twitter でも Gakuro Monologue で投稿しています。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スキーランキング