岐阜県スキー連盟の技術研究会でデモレッスンで学んだ 横滑り プルーク系からのスキー技術がそのまま生きる


スキー狂のみなさん

スキーの級別テスト(バッジテスト)やプライズテストの合格に向けて
取り組んでいるスキー狂のみなさん
岐阜県スキー連盟の技術研究会を受講して
石水デモと簑島デモから学んだ 横滑り について
自論を展開します。

石水デモと簑島デモ はどの種目の滑りもかっこいい。。




横滑り

横滑りは、
閉脚で滑ります。

スキーの板に対して主に横方向にずらして滑ります。

横方向といっても板のトップの方向に進みながら
横方向にずらしていきます。

簡単に言うと、、板のトップの向いている方向から
斜め下方向に滑っていきます。

横滑りについて 石水デモと簑島デモ からいくつかの注意点
や指導をいただいたため、
重要なポイントを以下に示します。

1.斜滑降とは違う

2.プルークファーレンと同じ

3.体の向き

以上の項目で展開します。

1.斜滑降とは違う

斜滑降とは違うですが、
斜滑降は漢字からは
「斜めに 滑降する」となりますが、、
そのままの意味だと思います。
図1が斜滑降のイメージです。


図1.斜滑降のイメージ

斜面に対して斜め下方向に滑っていく滑り方です。
板のトップの方向に向けて滑っていきます。




急斜面でフォールラインに対して板を平行にして
エッジをたてて立っている状態から、
板のトップを斜面下方向にトップを落としてやると
エッジが噛んだまま滑りだします。
エッジにのって斜めに滑降している斜滑降です。。。。

緩斜面で板を斜め下方向に向けて真っ直ぐ滑り出すのも
斜めに滑降している斜滑降です。

斜滑降はもう一度いうと、板のトップ方向に向かって
進んで行きます。

これに対して 横滑りは
板のトップ方向から斜め下方向に板全体を平行移動しながら
滑ります。
図2に横滑りのイメージを示します。


図2.横滑りのイメージ

フォールライン方向に板全体を平行移動するばあいは
真っ直ぐフォールラインに向かってずれていくこととなりますが、
横滑り は板のトップ方向に進みながらフォールライン方向に
板全体をずらしていくので斜め下方向に進んで行きます。

斜滑降の場合は板のトップ方向に進んで行くので
滑走後のシュプールはエッジが立っていれば細く、
あまりエッジが立っていなければ板の横の幅となりますが、
横滑り の場合は板の縦の幅で斜めにシュプールができるため
太くなります。


図3.太いシュプール

図3のように太いシュプールとなります。
マジックインキの太い横側で斜め線を描いた感じです。。
・・・分かりにくいか??????




2.プルークファーレンと同じ

プルークファーレンと同じですが、
プルークファーレンとは脚のテールを開いた三角、ハの字の
プルークのスタンスで、
そのまま真っ直ぐ滑っていく初心者にスキー指導をする時の
一番最初に使う滑り方です。

プルークスタンスで斜面下方向に向けて滑走するのですが、
進行方向に対してプルークスタンスは板が斜めになっているので
何もしないでも既に雪面に対して抵抗が発生し制動要素があります。

この状態で、更に制動要素を増やすには脚を内に絞りこむと
雪面と板の間の角度が増し更に抵抗が増えます。
図4に抵抗が増えるイメージを示します。


図4.抵抗が増えるイメージ

更に脚の長さを変えずに板のテールだけに偏らず、
トップからテールまでを一気に
外に押し出して行くことで更に雪面と
板の間の角度が増して制動要素を増やすことができます。

このとき、プルークスタンスで真っ直ぐ滑っていくのですが、
進む方向に対して、板が真っ直ぐだとシュップールは板の
横の幅となります。

しかし、プルークファーレンは進行方向に対して
板が三角、ハの字となり斜めになっているため、
シュプールは板の斜めにしている幅となります。

結局は、プルークファーレンは両足の開脚で進行方向に対してずらして、
横滑りは 閉脚で板一本分の幅でずらすすべりということです。

このため、板への力のかけ方も プルークファーレン と
同じように 板のトップからテールまでを均一に押しずらせるような
ポジションに重心をおいて、進行方向に対して板全体を押しずらしていきます。

板の上に乗っているだけでなく、進行していく方向からの雪面の圧に対して
対応するようにしっかり荷重してずらしていきます。

このため、、「プルークファーレンと同じ」 力のかけ方、乗り方となります。




3.体の向き

体の向きですが。。。
結局はこれもプルークファーレンやプルークボーゲンと
同じ。。。ということになります。

体の向きは低速では外力をあてにした滑りではなく
進んで行く方向推進力に対して制動をかける動きとなるため
進んで行く方向から力をもらうこととなるため、
上体の向きはこれに対抗するため、進行方向を向くこととなります。
図5にプルークボーゲンの体の向きのイメージを示します。


図5.プルークボーゲンの体の向きのイメージ

プルークファーレンは真っ直ぐ進んで行くので上体の向きはずっと真っ直ぐ
となりますが、プルークボーゲンの場合は板を押しずらしていく方向を
向くこととなります。
このため、山回りではほぼ斜面下方向を向くこととなり、
外向が強くなり体の向いている方向にずれ進んで行きます。

横滑り も進んで行く方向の雪面に対して板全体で制動をかけていくことと
なるので押しずらしている進行方向に体は向くこととなります。

トップの方向を向いて滑って行ってしまうと効率よく
力を伝達できなくなるので、
検定などでは減点となってしまいます。。。

そして、指導系の検定で 横滑りの展開 という種目がありますが、
この種目では方向転換しながら幅違いではあるが、
ずーっと横滑りで滑ることとなります。

・・・ということは、、、ずーっと上体は滑っていく方向の
斜面下方向を向いていることとなります。

注意点としては方向転換の後に斜滑降から横滑りに入らないように!!
方向転換→横滑り となるようにしっかり練習してください。。。
・・・デモからの注意点です。。




まとめ

プルークファーレン、プルークボーゲン そして 横滑り。。。
関連していることがよくわかります。

スキーで滑るための基本は同じということです。

しかし、スキーを初めたばかりの初級者でこんな重要なことを
やっていたなんて。。

あのスキーを初めたばかりの時にこれがばっちりできていれば
今苦労しないでもっと上手だったのかもしれない。。
そう思ってしまいます。。

いまさらになって基本の大切さを知り痛感しています。

まだまだ自分の中にこれからじっくり落とし込んでいく感じですが、
石水デモ と 簑島デモ のスベシャルレッスンがむちゃくちゃ
勉強になっています。

トップシーズンまでに練習しないと。。。
じゃなくて指導員研修会でサポートするのでそれまでにだな。。

私も練習です。。。

関係のある投稿です時間があれば参考にしてください。

スキー検定合格シリーズ 「横滑り」 指導系受験者・一級受験者必見! これで合格!重要な4つの項目

スキー検定合格シリーズ 「横滑り」パートⅡ 指導系受験者・一級受験者必見! 理解して勝ちに行こう!

スキーの全てはプルークから始まる 1級・指導員系苦手な横滑り対処法/テクニカルに向けた体勢はこれ

私の投稿はフェイスブック:FBからもアクセスできます。
今回の投稿で気に入っていただければフェイスブックでの いいね や フォロー ・・シェア
も大歓迎です。。。。
念のため以下です。↓
https://www.facebook.com/Gakuro23/

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スキーランキング