岐阜県スキー連盟の技術研究会でデモレッスンで学んだ 全ての滑りに活用できるプルークボーゲン 


スキー狂のみなさん

スキーの級別テスト(バッジテスト)やプライズテストの合格に向けて
取り組んでいるスキー狂のみなさん
岐阜県スキー連盟で実施されたスキーの技術研究会に出席して
石水デモと簑島デモに学んだことについて自論を展開します。

今回はプルークボーゲンについて学んだことについて
自論を展開いたします。



プルークボーゲンについて

プルークボーゲンについてですが、
初心者がスキーでターンを覚えていくために
最初に活用する滑り方です。

プルークファーレンと名称が似ていますが、
プルークボーゲンはターンを行います。

同じプルークがついていますが、
プルークスタンスで滑ることは同じです。

プルークボーゲンについて重要な項目を
以下に示します。

1.外脚の使い方

2.上体の向き

3.上下動

4.スタンスとエッジ

以上の項目で展開します。



1.外脚の使い方

外脚の使い方ですが、
プルークファーレンのように使います。

普段 普通にスキー狂のみなさんが滑ると
エッジを多く使い、板に対して縦方向の要素が
多く滑ると思います。

プルークスタンスを維持して板全体を
外に押し出していきます。

脚を内側に絞り込むことで
板と雪面との間に角度をつけて
そこに対して押し出していきます。

曲がっている脚を延ばしていくという意識
ではなく、長さを変えずに外に押し出していく
イメージがいいと思います。

脚を外に押し出せば板と雪面に対して
エッジがたち雪面からの抵抗も増えます。

初心者が滑る滑り方であり
くるっと ターンするわけではなく
板を押しだして制動要素が多くなり
プルークスタンスによる迎え角と板の特性
で徐々に曲がってくる感じです。

このため落差は多くなります。

一気に押し出してしまうのではなく
押し出して圧をかけ続け曲がるのを待ちます。

回旋を使わないように。。

初心者は回旋を上手く使えないですから。。



2.上体の向き

上体の向きですが、
概ね力をかける向きとなります。

このため、一番力のかかっている山回り
では谷側方向を向いている感じです。

一言でいうと外向しているということです。

外脚に圧をかけていく度合いに合わせて
外向していきます。

・・・ということは切り替え部分は
進行方向で板のトップの方向に上体は向きます。

3.上下動

上下動ですが、、
外脚をターン外側に向けて押し出していきます。
この時に上体は内倒しません。

上下に動くのは脚がターン外側に向けて押し出されていくと
上体の位置は低くなってきます。


図1 上体の高さ

図1のように
上体の位置が低くなる度合いに対して
雪面にたいしてエッジのたちかたも増していきます。
この時点では脚をピーンと伸ばしていくのではなく、
雪面からの圧に対抗していく感じです。

外脚をターン外側に押し出して行く時には
上体は斜面と垂直の状態で真っ直ぐを維持します。

ここで、内倒してしまうと別の動きとなってしまうので
注意です!!!!



4.スタンスとエッジ

スタンスとエッジですが、
前の項で既にふれてしまっていますが、
外脚をターン外側に押し出して行きます。

この時押し出すことで上体の高さが下がり
エッジも噛むようになります。

押し出すことでスタンスは広がります。

スピードが出てくるとこれに耐えるために
脚を外に押し出して外力に耐える必要があります。

押し出すことによるスタンスの違いにより
エッジの効きも変わってきます。

5.滑走性

滑走性ですが、

上体を斜面と垂直に保ち
脚を押し出して行くと内脚は徐々に曲がり
インエッジを保つのが辛くなってきます。

インエッジの残っている状況が滑走のプルークとなります。

さらに、インエッジが保てなくなり
内脚がフラットからアウトエッジ側になると
滑走プルークとなります。

押し出すかげんによりエッジの効きも変わり、
内脚の扱いも洗練されていきます。



まとめ

指導員系の検定ではプルークボーゲンが
種目にあります。

プルークボーゲンの加点なんてどんな滑りか?
なんて考えたことがありますが、

石水デモと簑島デモの滑りは
プルークボーゲンでさえレベルの高さを感じます。

あのような滑りなら加点かな・・という感じです。

プルークボーゲンの押し出す外脚の
力のかけ方、動かし方はプルークボーゲンにとどまることなく
大回りや小回りにも生かせる動きであり
高速の動きでもこの動きは使うこともあると
学びました。

高速での伸ばし荷重との違い、
曲げ荷重で雪面に対して圧をかけ続ける。
勉強になりました。

体の使い方一つ一つ分解していくと
プルークボーゲンの動き一つ一つで説明もできてしまう
感じです。

プルークボーゲンも初心者の導入の滑りと
思われがちですが、教えるためにはひとつひとつが難しい。
凄く難しい。。

細かく難しい動きを・・プロセスを理解すれば
上達に繋がりそうです。

シーズン初めに基本の動きを整える
にあたりプルークボーゲンで調整するのはありだと思います。

私も活用して調整してみます。

プルークボーゲンについて自論を展開しておりますので
時間があれば以下の投稿も参考にしてください。。。

スキー検定合格シリーズ 「プルークボーゲン」 指導系受験者必見! スキーの滑りの根幹・簡単そうで奥が深い

私の投稿はフェイスブック:FBからもアクセスできます。
今回の投稿で気に入っていただければフェイスブックでの いいね や フォロー ・・シェア
も大歓迎です。。。。
念のため以下です。↓
https://www.facebook.com/Gakuro23/

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スキーランキング