岐阜県スキー連盟の技術研究会でデモレッスンで習った 奥が深~いプルークファーレン


スキー狂のみなさん

スキーの級別テスト(バッジテスト)やプライズテストの
合格に向けて取り組んでいるスキー狂のみなさん
岐阜県スキー連盟で実施されたスキーの技術研究会に出席して
学んだことについて自論を展開します。



スキー技術研究会

岐阜県スキー連盟が実施する
スキーの技術研究会は東海北陸ブロックの研修会が
終了後、岐阜県スキー連盟に所属する全日本ブロック技術員と
岐阜県の技術員により指導員研修会での準指導員、指導員への
技術展開を行うための研究、研修会です。

石水デモと簑島デモの贅沢な講師により実施されます。

この研究会では研修会で伝達する種目を
一つ一つ細かい点まで教えていただくのですが、
今回はその中の一つの種目である

「プルークファーレン」について語ってみます。

プルークファーレン

プルークファーレンとは最近の研修会では
毎回一番最初に実施される種目です。

実際に初心者を指導するときにも
スキーを履いて滑り出す一番最初の指導法だと思います。

スキーを履いて一番最初の超初級と思われる
この種目。。。奥が深い。
難しい。。。



滑り方ですが、
脚のトップを寄せてハの字(三角)にテールを開いた
状態で脚を絞り込んでエッジをたててスピード制御を
する滑り方です。

プルークファーレンは 同じプルークボーゲンのように
プルークがつきますが、プルークファーレンは
スタンスがプルークスタンスで
ターンではなく、真っ直ぐ滑っていきます。

難しいだけでなく、、、辛い。。お尻の横の筋肉が辛い。
つりそうになる。。。やばいっすよ。

プルークファーレンの重要な項目を
以下に示します。

1.脚を開いた姿勢

2.エッジング

3.ブレーキとは違う

以上の項目で展開します。

1.脚を開いた姿勢

脚を開いた姿勢ですが、
先に記載したように
脚をトップを寄せてテールを開くハの字、、三角をつくった
プルークスタンスで滑ります。

この三角の足の開きが実に効率的だと思います。

スキーの板を斜面下方向に向かって真っすぐ
に向けて斜面に建つとスキーは滑り出してぐんぐん
加速していくと思います。

スキーを真横に向けて重力の方向の逆の延長線と
同じ角度で斜面上に立ち、
斜面上で斜めに立つとエッジがかかり斜面上で足場ができて
止まり立っていることができます。

この三角は 進む と 止まる の微妙な調節ができる
滑りであると思います。

三角を大きくしていくと制動要素が大きくなる。。
大きくするということは、
斜面の進行方向に対して板は横向きの要素が大きくなり
抵抗が増します。

足を開いていくだけで制動。。
スピード制御ができるので
凄く画期的な滑りだと改めて感じました。



2.エッジング

エッジングですが、
スキー狂のみなさんが普段スイスイ滑るときの
エッジングと違い
先の項目のように脚を三角に開いて
脚を絞り込みながら外に押し出すことで
エッジングを強めていきます。

正しいポジションに乗ったまま
どんなに脚を絞り込もうとしても
ガッツリブレーキングできるわけではありません。

徐々にスピードを減速するレベルです。

この動きが辛い。。。
エッジングを強めるためには脚を絞り込むのですが
お尻の横の筋肉(脚の付け根の筋肉)が猛烈に
使われます。。

ひたすら減速となるとこの筋肉がつりそうになる。。
というか・・・つります。。

デモ二人は簡単に止まってしまいます。。。

緩斜面の適度な斜面で練習してください。

3.ブレーキとは違う

ブレーキとは違うですが、
プルークファーレンでスピード制御、
特に減速の時にプレーキの動作をしてしまわないように
注意です。

プルークファーレンは板の中心付近に乗って
脚を三角に開いて制動、制御していくのですが、
脚を開いてお尻を地面に近づける後ろ寄りに
なってしまうと、
プルークファーレンで学びたいことから変わってきて
ただのブレーキングになってしまいます。

お尻を後ろに落としたブレーキングでも上体の高さは
変わっていきますが、
正しい動作は脚を絞りこんで外側に押し出します。

押し出すときにテール側を中心に押し出してしまうと
お尻が落ちた操作にもなりがちです。

板全体を押し出して、板全体で雪面の抵抗を受けるように
押し出してください。



まとめ

初心者、、、スキーを初めて滑る人が最初に
滑るための方法ですが、
教えるとなるとしっかり基本を・・間違っていないように
伝えなければなりません。

プルークファーレンにはスキーの上達における
技術が凝縮されているように感じます。

板に正確に乗り、板全体を使って押し出す。
その先の滑りである小回りや大回りにもその滑りの
根幹が利用される。
曲げ荷重の基礎がこの滑りにはつまっています。

スピードの制御には脚を開いていくことにより、、
動いていくことによる雪面抵抗を増大させる滑りと、

動いていく中で雪面の抵抗に対して力をかけていくことによる
制動とがあり、操作の違いを使い分けられれば
小回りや大回りへの展開ができそうです。

実際に滑ると、、
難しいです。

石水デモや簑島デモはいとも簡単にスピード制御をするのですが
スピードを落とす制御が難しいし辛い。。。

そして、、左右の脚のバランスというかバラつきを
凄く感じます。苦手な脚は顕著にまずい部分が表れます。

両方 同じ左右対称で動くスキーの滑り方は
他に無いと思います。このため

・左右の腰のまわり方が違うとき

・エッジングの強弱

・膝の使い方

・上体の方向

・カントの確認

など滑りの調整にも活用できると思います。

悩んだらプルークファーレンに戻って再構成するのも
上達につながるかもしれませんよ。。。

やり過ぎは超筋肉痛になると思います。。。
ほどほどに・・・・・・。

私の投稿はフェイスブック:FBからもアクセスできます。
今回の投稿で気に入っていただければフェイスブックでの いいね や フォロー ・・シェア
も大歓迎です。。。。
念のため以下です。↓
https://www.facebook.com/Gakuro23/

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

スキーランキング